メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features:世界だけ見ていた 鋭いショット支える「相棒」 テニス・錦織圭(26)

センターコートの初戦に登場した錦織。相手を見すえる視線は、そのまま世界の頂点に向かう=梅村直承撮影

Features

世界だけ見ていた 鋭いショット支える「相棒」 テニス・錦織圭(26)

 <Features・リオ きょうの主役>

 世界ランキングのポイントを稼ぐために年間通じて世界を飛び回るプロテニスプレーヤーにとって欧州から米国を転戦する真夏のシーズン中にある五輪は体力的に過酷だ。ましてリオデジャネイロ五輪開幕を1カ月後に控えた時点で、左脇腹を痛めていた世界ランキング6位の錦織圭(26)=日清食品=は出場を危ぶむ声もあった。

 日本のエースはきっぱりと話した。「五輪でメダルを持ち帰ると日本全体が盛り上がる。五輪には国を背負う重みがある。日本の代表として戦える場が五輪だからこそ金を狙う」。錦織にとっては2008年北京五輪から3大会連続の出場。世界ランキングのポイントに反映されない五輪の出場をためらう選手もいるが、「小さい頃から見てきた夢のスポーツ一大イベント」のため、迷わずリオに乗り込んできた。

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文2061文字)