連載

PROMESSA・リオから東京へ

毎日新聞デジタルの「PROMESSA・リオから東京へ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

PROMESSA・リオから東京へ

最年少セッター、苦い涙 バレー女子・宮下遥(21)

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【日本−韓国】第3セット、トスを上げる宮下=三浦博之撮影
【日本−韓国】第3セット、トスを上げる宮下=三浦博之撮影

 バレーボール女子の日本は、1次リーグA組の初戦で韓国に1−3で逆転負けを喫した。

 日本で希少な177センチの長身セッターで10代から注目された逸材にとって、ほろ苦い五輪デビュー戦だった。

 序盤は、長身を生かしてネット際で片手で巧みにトスを上げるなど持ち味を発揮していた。しかし、第3セット終盤の3点差を追う場面で、球がうまく手に入らず反則。痛恨のミスに顔をしかめた。

 小学生時、エースだった少女は、中学進学時にプレミアリーグ・岡山と提携する大阪国際大和田中に越境入学した。そこで、岡山の河本昭義監督に「五輪に行きたい」と訴える。熱い思いに驚いた河本監督は長身でもレシーブのうまい点に着目し、中学1年の春、セッターへ転向させた。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文652文字)

あわせて読みたい

注目の特集