メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PROMESSA・リオから東京へ

最年少セッター、苦い涙 バレー女子・宮下遥(21)

【日本−韓国】第3セット、トスを上げる宮下=三浦博之撮影

 バレーボール女子の日本は、1次リーグA組の初戦で韓国に1−3で逆転負けを喫した。

 日本で希少な177センチの長身セッターで10代から注目された逸材にとって、ほろ苦い五輪デビュー戦だった。

 序盤は、長身を生かしてネット際で片手で巧みにトスを上げるなど持ち味を発揮していた。しかし、第3セット終盤の3点差を追う場面で、球がうまく手に入らず反則。痛恨のミスに顔をしかめた。

 小学生時、エースだった少女は、中学進学時にプレミアリーグ・岡山と提携する大阪国際大和田中に越境入学した。そこで、岡山の河本昭義監督に「五輪に行きたい」と訴える。熱い思いに驚いた河本監督は長身でもレシーブのうまい点に着目し、中学1年の春、セッターへ転向させた。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 巨人の坂本、大城がコロナ感染 練習試合中止 NPB「19日開幕に影響ない」

  3. 「新型コロナの検査させて」 小学生らを誘拐未遂、容疑で23歳逮捕 兵庫県警

  4. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  5. 北九州市で新たに5人 12日連続の感染確認 累計124人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです