メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

民主軍、IS要衝ほぼ制圧 北部マンビジュ

シリアのマンビジュ

 【カイロ秋山信一】シリア内戦の情報を収集している在英の民間組織「シリア人権観測所」は6日、少数民族クルド人中心の武装勢力「シリア民主軍」が、過激派組織「イスラム国」(IS)の実効支配が続いてきた北部マンビジュをほぼ制圧したと明らかにした。マンビジュは、ISが「首都」と位置付けるラッカとトルコ国境の中間にある交通の要衝。トルコからの補給路遮断が実現すれば、ラッカの孤立化が進み、ISへの打撃になる。

 シリア民主軍は米軍主導の有志国連合と連携しており、人権観測所によると、中心部や市北部の一角を除くマ…

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文645文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  3. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  4. 逃亡犯条例「事実上の廃案」 香港高官、ロイターの取材に
  5. 「30年間で2000万円」かけ算は間違い 厚労省が金融庁WGを“単純”と批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです