メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天皇陛下

お言葉全文「象徴としてのお務めについて」 

金沢城公園を訪問し、集まった人々に手を振る天皇陛下=金沢市で2015年5月18日、加古信志撮影

象徴としてのお務めについての天皇陛下のお言葉 全文

 戦後七十年という大きな節目を過ぎ、二年後には、平成三十年を迎えます。

 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々…

この記事は有料記事です。

残り1574文字(全文1882文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  2. 発生する確率4万分の1のクワガタ展示 高知・四万十川学遊館

  3. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  4. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです