メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

人工知能の賢い活用法とは

 ビッグデータ、人工知能(AI)という言葉を目にすることが多くなった。メディアがビッグデータを用いて分析するケースも増えたし、囲碁でコンピューターソフトがトップ級棋士に勝ったニュースは大きく報じられた。ただ、新たな技術によって世の中の仕組みが急速に変わろうとしていると感じ、不安を覚える人も多いのではないか。

 西垣通さんの著書『ビッグデータと人工知能』(中公新書)は、「可能性と罠(わな)を見極める」という副題のとおり、今何が起きているのかを総合的に解き明かす。情報学の専門家として科学技術に対する深い理解のうえに、文化論的な観点からも論じていて、視野が広い。

この記事は有料記事です。

残り1199文字(全文1479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです