メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よさこい祭り

盛り上げよう きょう開幕 世界展開へ「親善大使」 6カ国19人招く /高知

カナダの「よさこいアンバサダー」が所属する「桜舞トロント」=高知県提供

 第63回よさこい祭りが9日、中央公園(高知市帯屋町)での前夜祭と鏡川河畔の花火大会で開幕する。よさこい踊りが17カ国・地域(県調べ)に広がったのを受け、県は国際交流を目的に今年初めて6カ国19人の外国人を高知に招待し、「よさこいアンバサダー」に認定する。「チームの代表者らを高知に招き、本家の踊りを見て、踊って、交流してもらい、自国や隣国に広げてもらう」(山崎生・おもてなし課長)のが狙いだ。【村瀬達男】

 同課によると、よさこい踊りが根付くのは、米仏蘭独豪加をはじめ、スウェーデン、ポーランド、ブラジル、台湾、ベトナム、タイ、フィリピン、マレーシア、インドネシア、ニュージーランド、ガーナの17カ国・地域。このうち、仏蘭独とスウェーデンとポーランドの5カ国6チームは「Yosakoi・European・Network(略称・YEN)」を設け、踊りの普及を目指している。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです