メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・学ぶ

@大学 「18歳選挙権」のこれから 不在者投票、政治教育…学生らが気づいた課題

中央大学の学生たちがキャンパス内に設置した「問う票所」=東京都八王子市の同大で、7月1日

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて最初の国政選挙となった参院選をきっかけに、選挙の啓発に携わったり、政治について考えたりする若者たちが増えている。「18歳選挙権」の成果と課題を、大学生の活動から考える。

 「選挙に行きますか?」「投票先をどう選んでいますか?」。7月初め、中央大学多摩キャンパス(東京都八王子市)の食堂前で、学生サークル「Vote at Chuo!!」が「問う票所」というブースを設けた。通りかかる学生に、iPadで新聞社のボートマッチを紹介したり、不在者投票を案内したり。10日間で407人が相談に訪れた。

 「投票したい気持ちはあるのに、どこでするのか、誰にしたらいいか分からない。私たちも初めての選挙で、…

この記事は有料記事です。

残り1611文字(全文1925文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 韓国側との情報共有、防衛相「オファーはしたい」 北朝鮮ミサイル発射

  5. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです