メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪柔道

紛争の国に歴史的な金 コソボ代表ケルメンディ

 「自分、コーチ、国にとってとても幸せな瞬間。夢がかなったのよ」。柔道女子52キロ級のコソボ代表、マイリンダ・ケルメンディ(25)は、五輪に初めて参加したコソボに初のメダル、それも金をもたらせたことを誇らしげに振り返った。

 柔道を始めたのはコソボ紛争が終結した1999年、8歳の時。人口約10万人の町ペヤの自宅近くの道場「IPPON」を姉に誘われて訪れたことがきっかけだった。コーチのドリトン・クカさんがオーナーで、以来、二人三脚で歩んできた。

 コソボ独立(2008年)の翌年の世界ジュニア選手権で優勝して頭角を現したが、当時コソボは国際オリンピック委員会(IOC)から加盟を承認されていなかった。前回ロンドン大会は市民権を持つ隣国アルバニアの代表として出場した。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

  3. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  4. 特集ワイド 「桜を見る会」スクープ、赤旗 視点変え、見えた腐敗

  5. NY株、史上最高値更新 米追加経済対策に期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです