日航機墜落

31年 発生翌日現場入り、元パイロットの思い 追求すべきは空の安全

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
機長時代の写真を手に、かつての記憶をたどる佐藤進さん
機長時代の写真を手に、かつての記憶をたどる佐藤進さん

 航空史上最悪の520人の犠牲者を出した1985年の日航ジャンボ機墜落事故から12日で31年。事故翌日に現場に駆けつけた日航パイロット(当時)の佐藤進さん(63)が、沈黙を破って初めて取材に応じた。凄惨(せいさん)な現場を目の当たりにし、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされながらも、安全運航を徹底してきた元機長。5年前にパイロット人生に幕を下ろした今、事故の風化で安全がおろそかにされかねない現状を危惧する。

 あの年の8月12日は夜に家族と群馬県下仁田町の実家に帰省予定だった。事故を知って会社に駆けつけると、後に航空ジャーナリストになった先輩の藤田日出男さん(故人)がいた。「何が起こったのか」。2人は自主判断で現場に向かった。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1063文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集