連載

なら歳時記

毎日新聞デジタルの「なら歳時記」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

なら歳時記

生駒山上遊園地(生駒市) 「ゆるゆる」路線で復活 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
約5分の空中散歩が楽しめる飛行塔==生駒市菜畑の生駒山上遊園地で、皆木成実撮影
約5分の空中散歩が楽しめる飛行塔==生駒市菜畑の生駒山上遊園地で、皆木成実撮影

 かつて県内で「三大遊園地」と呼ばれた中で、唯一営業を続ける生駒山上遊園地(生駒市)。1929(昭和4)年開園の老舗遊園地が、近年少しずつ入園者数を増やしている。ファミリー向けへの方向転換が功を奏したためで、この復活の象徴が「現存最古の大型遊具」と、近代化遺産として再評価されている飛行塔だ。夏休みでにぎわう遊園地を昼と夜に訪れた。

 標高642メートルに立つ生駒山上遊園地。同じ近鉄系列の近鉄あやめ池遊園地(奈良市、26年開園)が家族向けだったのに対し、デートスポットとして人気を集め、90年代は年間70万人超が訪れた。しかし、大型テーマパークの開園やレジャーの多様化で入場者が減り、どん底の2004年度には15万人強まで落ち込む。この年、あやめ池遊園地は閉園に追い込まれ、2年後の06年には奈良ドリームランド(奈良市)も閉園。「三…

この記事は有料記事です。

残り967文字(全文1333文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集