協定

大災害時に飲料水提供 マルサンアイが県や鳥取市と /鳥取

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
協定書を掲げるマルサンアイ鳥取の兼子明社長(中央)と平井伸治知事(右)、深沢義彦・鳥取市長=鳥取県知事公邸で、李英浩撮影
協定書を掲げるマルサンアイ鳥取の兼子明社長(中央)と平井伸治知事(右)、深沢義彦・鳥取市長=鳥取県知事公邸で、李英浩撮影

 鳥取市での操業を予定している豆乳製造会社「マルサンアイ鳥取」(兼子明社長)が9日、県や市と災害協定を結んだ。大規模災害が発生し水道などが破損した場合、工場で保管・使用している水を飲料や生活用水として役立ててもらう。

 同社は豆乳製造大手「マルサンアイ」(愛知県岡崎市)の子会社で、鳥取市河原町にある布袋工業団地内の工場が20…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

注目の特集