メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本語指導

高齢者が留学生に漢字教える ネット使って仕組み作り 両備ヘルシーケアと倉敷芸術科学大 来年度実施 /岡山

スカイプを使い、離れた場所にいる留学生に漢字の書き順を教える植木節子さん(右)=岡山市北区で、林田奈々撮影

 県内で高齢者施設などを展開する「両備ヘルシーケア」(中区)は倉敷芸術科学大(倉敷市)と共同で、施設に入居する高齢者らがインターネットを使って留学生に漢字の読み書きなどを教える仕組み作りを目指している。高齢者の生きがいを生み出し、同時に留学生の日本語能力の向上を図る狙いがある。

 同大では近年、ベトナムやネパールなど漢字圏ではない国からの留学生が増え、日本語指導の改善が課題…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. 熱中症対策 「男性も日傘を」環境相呼びかけ
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです