メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

中国人観光客に東北の旅を

ツアー計画のため福島県を訪問した岡部航大さん(左)と陳思起さん=福島県会津若松市で5月17日、JTB広報室提供

 東日本大震災から5年半となる今秋、中国からの訪日観光客が東北6県を訪れる旅行プランを日中の大学生が立案した。震災や原発事故のイメージにとらわれず、自然や人情が豊かな東北を楽しんでもらおうとする企画だ。

 ●日中の学生が考案

 ツアーを実施するのは、北京にあるJTBの現地法人「交通公社新紀元国際旅行社」(JTB新紀元)。JTBグループの東北復興支援の一環で、書類と面接で選ばれた北京大、中国人民大など6大学の中国人大学生と日本人留学生が2人1組で参加した。学生がコースを考案し、5月中旬に青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島の6県に分かれて現地を訪問。6月にプランを発表した。JTB新紀元が秋以降、中国の店舗で旅行商品として販売する。

 「爆買い」で知られる中国人観光客に人気が高い旅行先は、東京、関西、北海道、沖縄、九州。JTB新紀元…

この記事は有料記事です。

残り1484文字(全文1849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです