メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪女児焼死

再審 母親に無罪判決 地検は上訴権放棄へ

青木恵子さんの無罪判決を知らせる垂れ幕を掲げる弁護士=大阪市北区で2016年8月10日午前10時5分、小関勉撮影

大阪地裁 午後、元内縁の夫の再審判決も無罪

 大阪市東住吉区で1995年、小学6年の女児(当時11歳)が焼死した民家火災の再審で、大阪地裁は10日午前、殺人罪などで無期懲役が確定した母親の青木恵子さん(52)に無罪判決を言い渡した。西野吾一裁判長は「自然発火の可能性は合理的だ」と述べた。大阪府警の取り調べについて、「精神的な圧迫による取り調べが認められる」と指摘し、自白の証拠能力を否定した。

 午後には、内縁の夫だった朴龍晧(ぼく・たつひろ)さん(50)の再審判決もあり、同じく無罪が言い渡さ…

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1325文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです