メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪女児焼死

証拠から自供書排除 再審で母に無罪判決

 大阪市東住吉区で1995年、小学6年の女児(当時11歳)が焼死した民家火災の再審で、大阪地裁は10日午前、殺人罪などで無期懲役が確定した母親の青木恵子さん(52)に無罪判決を言い渡した。西野吾一裁判長は「恐怖心を抱かせる過度な取り調べが行われた」と認定。有罪認定の根拠になった自供書などを証拠から排除し、大阪府警の捜査を厳しく非難した。一方、西野裁判長は謝罪や繰り返された誤判原因への言及はしなかった。

 午後には、内縁の夫だった朴龍晧(ぼく・たつひろ)さん(50)の再審判決もあり、同じく無罪が言い渡された。

この記事は有料記事です。

残り1168文字(全文1423文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 東京都、緩和基準決定 「1日の新規感染者数20人未満」など3要件

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです