メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪女児焼死

証拠から自供書排除 再審で母に無罪判決

大阪地裁 大阪府警の捜査を厳しく非難

 大阪市東住吉区で1995年、小学6年の女児(当時11歳)が焼死した民家火災の再審で、大阪地裁は10日午前、殺人罪などで無期懲役が確定した母親の青木恵子さん(52)に無罪判決を言い渡した。西野吾一裁判長は「恐怖心を抱かせる過度な取り調べが行われた」と認定。有罪認定の根拠になった自供書などを証拠から排除し、大阪府警の捜査を厳しく非難した。一方、西野裁判長は謝罪や繰り返された誤判原因への言及はしなかった。

 午後には、内縁の夫だった朴龍晧(ぼく・たつひろ)さん(50)の再審判決もあり、同じく無罪が言い渡さ…

この記事は有料記事です。

残り1153文字(全文1423文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 拳銃強奪
  3. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  4. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  5. 逮捕の男、山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです