メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クライマーズ・ブック

近代登山の父ウェストン手記初出版

ウォルター・ウェストンの手記「クライマーズ・ブック」の原本(右)と活字化された書籍=長野県松本市役所で松澤康撮影

 明治時代、日本アルプスの登山記「日本アルプスの登山と探検」を著し、「日本の近代登山の父」と呼ばれる英国人宣教師、ウォルター・ウェストンが1914年に書いた手記「クライマーズ・ブック」が初めて活字化され、対訳付きの書籍として刊行された。新たな祝日「山の日」(8月11日)制定の記念として、長野県松本市山岳観光課が出版を進めてきた。ウェストンが、自らの後に続く欧米人登山者の安全を願い、ルートや天候など北アルプスの特徴を克明に記している。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  5. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです