五輪カヌー

銅・羽根田はスロバキアで10年 父が支えた

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
銅メダルを獲得した羽根田(左)と父邦彦さん=愛知県豊田市の自宅で、浅妻博之撮影
銅メダルを獲得した羽根田(左)と父邦彦さん=愛知県豊田市の自宅で、浅妻博之撮影

 【リオデジャネイロ浅妻博之】リオデジャネイロ五輪のカヌー・スラローム男子カナディアンシングルで9日、羽根田卓也(29)=ミキハウス=が3位に入り、カヌー競技で日本初のメダルを獲得した。高校卒業後の2006年から本場スロバキアに単身渡って苦節10年。3度目の五輪挑戦でようやく念願のメダルにたどり着いた。

 表彰式で「ハネダ・タクヤ」の名前が会場に響き渡ると、日本の応援席から大歓声が上がった。表彰台に上がった羽根田は、父邦彦さん(57)が見詰める応援席に向かって拳を何度も突き上げた。「早くこのメダルをおやじにかけてあげたい」

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文685文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集