メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪柔道

22歳田代が大粒の涙 勝敗を分けた「指導」

柔道女子63キロ級3位決定戦でイスラエルのヤーデン・ジェルビに敗れ涙をこらえる田代未来=リオデジャネイロのカリオカアリーナで2016年8月9日、和田大典撮影

 リオ五輪第5日の9日、柔道女子63キロ級の田代未来(コマツ)は準決勝で敗れ、3位決定戦もジェルビ(イスラエル)に優勢で敗れて5位。今大会の日本柔道陣でメダルを初めて逃した。

 

 両親や所属チームの応援団が陣取るスタンド席の前で立ち止まった田代。一礼すると、なかなか顔を上げられなかった。3位決定戦に敗れ、日本柔道陣で今大会初めてメダルを逃し、大粒の涙。初舞台で厚い壁にはね返された。

 正念場は準決勝。相手は過去に個人戦で全て「一本」で4連敗している天敵のアグベニェヌ(フランス)だ。男子大学生の胸も借りてのパワー対策も奏功して互角に組み合っていたが、残り39秒。受け続ける圧力がそうさせたのか、不意に回り込んだ足が場外に出た。消極姿勢と見られての「指導」を受け、この差が勝敗を分けた。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです