小池都知事

「保育施設に液体ミルク」災害時に備え普及策

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える小池百合子都知事=都庁で2016年8月9日午前10時53分、北山夏帆撮影
インタビューに答える小池百合子都知事=都庁で2016年8月9日午前10時53分、北山夏帆撮影

毎日新聞インタビュー

 東京都の小池百合子知事は9日、毎日新聞のインタビューに応じ「女性知事ならではの視点」として、清潔な水が不足したり、お湯を沸かすことができなかったりする災害時に利用できる乳児用液体ミルクを、都立の保育施設で購入し企業の生産ラインを確保する方針を提示した。液体ミルクの普及は公約に掲げていたが、方法に言及するのは初めて。管理職に女性を積極的に登用する意向も示した。一問一答は以下の通り。【聞き手は大坪信剛・社会部長】

 −−選挙中、震災対策として液体ミルクの普及を訴えていた。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文708文字)

あわせて読みたい

注目の特集