ヘイトスピーチ

対策法成立の陰に−−ある在日コリアンの闘い

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 特定の人種や民族に対して差別や排斥をあおるヘイトスピーチの対策法が5月24日、衆院本会議で可決、成立した。その陰に、一人の女性の存在があった。川崎市の臨海部に住む在日コリアン3世の崔江以子(チェ・カンイジャ)さん(43)。法成立前、ヘイトスピーチにさらされながら、行政機関や警察、国会議員に対策の必要性を訴え続けた。成立後の今もネット上での「ヘイト被害」に苦しむ崔さん。その闘いの軌跡を追った。【後藤由耶】

この記事は有料記事です。

残り2239文字(全文2443文字)

あわせて読みたい

注目の特集