れとろ探訪

西長堀アパート /大阪

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
西長堀に出来上がった日本一のマンモスアパート。最先端の設備を備えていた=1958年12月撮影
西長堀に出来上がった日本一のマンモスアパート。最先端の設備を備えていた=1958年12月撮影

 1万円札が初めて発行された1958年、大阪市西区に日本一のマンモスアパートが登場した。日本住宅公団(現在の都市再生機構)が建設した西長堀アパートで、地上11階、地下1階のデラックスな巨大建造物は周囲を圧倒していた。

 家賃も豪華で大卒初任給が1万3500円ほどの時代に、一番安い単身者用の1Kが4900円、一番広い2LDKは1万9350円。建設の際に「こんなに高い家賃では入居希望者はいない」と反対論も出たようだが、ふたを開けてみると1Kで3・…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

あわせて読みたい

注目の特集