テニス

雲仙国際トーナメント 18部門の熱戦幕 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第90回雲仙国際テニストーナメント(県テニス協会、毎日新聞社主催)が9日、閉幕した。雲仙市の県営雲仙公園テニスコートで18部門に分かれて熱戦が繰り広げられ、男子一般はシングルスで長崎市の新井貴さん、ダブルスで島原市の杉本博昭さんと吉川大助さんのペアが優勝。女子一般は、シングルスで雲仙市の本田裕美さん、ダブルスで同市の本田さんと松山奈央さんのペアが優勝した。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文532文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集