メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

価値観反映、変わる供養の形

建仁寺の樹木葬地「緑雲苑」の石碑には、埋葬された人の氏名が刻まれている=京都市東山区で

 お盆の時期を迎えた。住宅事情や家族構成の変化で「供養」の形は徐々に変わってきている。それぞれの価値観を大切にしようという動きもある。最近の供養事情を探った。

 ●仏壇、小型サイズに

 東京都大田区の順子さん(47)=仮名=は昨年7月、母(82)を突然の病で見送った。問題となったのが仏壇。実家の昔ながらの仏壇は大きすぎて自宅に入らない。夫(51)と近くの仏具店に出向き、仏壇を入れ替える方法を教えてもらった。位牌(いはい)を一つにまとめて「繰り出し位牌」にし、一周忌の際、新しい仏壇に「魂入れ」をしてもらった。

 「とりあえずホッとしました」。新しい仏壇は寝室のたんすの上に置けるサイズ。違和感がないよう、色や材質はたんすにそろえた。お参りが日課となり、花も欠かさない。小学生の子どもたちにも「おばあちゃんに手を合わせて」と呼びかける。仏壇の母の写真は、いつも笑っている。

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1781文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです