メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
くらしナビ・ライフスタイル

価値観反映、変わる供養の形

建仁寺の樹木葬地「緑雲苑」の石碑には、埋葬された人の氏名が刻まれている=京都市東山区で

 お盆の時期を迎えた。住宅事情や家族構成の変化で「供養」の形は徐々に変わってきている。それぞれの価値観を大切にしようという動きもある。最近の供養事情を探った。

 ●仏壇、小型サイズに

 東京都大田区の順子さん(47)=仮名=は昨年7月、母(82)を突然の病で見送った。問題となったのが仏壇。実家の昔ながらの仏壇は大きすぎて自宅に入らない。夫(51)と近くの仏具店に出向き、仏壇を入れ替える方法を教えてもらった。位牌(いはい)を一つにまとめて「繰り出し位牌」にし、一周忌の際、新しい仏壇に「魂入れ」をしてもらった。

 「とりあえずホッとしました」。新しい仏壇は寝室のたんすの上に置けるサイズ。違和感がないよう、色や材…

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文1781文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです