メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

価値観反映、変わる供養の形

建仁寺の樹木葬地「緑雲苑」の石碑には、埋葬された人の氏名が刻まれている=京都市東山区で

 お盆の時期を迎えた。住宅事情や家族構成の変化で「供養」の形は徐々に変わってきている。それぞれの価値観を大切にしようという動きもある。最近の供養事情を探った。

 ●仏壇、小型サイズに

 東京都大田区の順子さん(47)=仮名=は昨年7月、母(82)を突然の病で見送った。問題となったのが仏壇。実家の昔ながらの仏壇は大きすぎて自宅に入らない。夫(51)と近くの仏具店に出向き、仏壇を入れ替える方法を教えてもらった。位牌(いはい)を一つにまとめて「繰り出し位牌」にし、一周忌の際、新しい仏壇に「魂入れ」をしてもらった。

 「とりあえずホッとしました」。新しい仏壇は寝室のたんすの上に置けるサイズ。違和感がないよう、色や材…

この記事は有料記事です。

残り1477文字(全文1781文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです