メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水戸市

ごみ最終処分場満杯 市外搬送も立地自治体怒らせ

早ければ11月には満杯になる水戸の市営最終処分場=水戸市酒門町で

 一般廃棄物(ごみ)の最終処分を巡り、水戸市が頭を悩ませている。市営の最終処分場(同市酒門町)が間もなく満杯となるため、市外の民間処分場と委託契約を結んだが、契約期間を巡る市幹部の発言に立地自治体が立腹。運び込みがストップしているためだ。

 市の処分場は清掃工場から排出される焼却灰や砕いた不燃物を埋める施設で、1994年6月に稼働した。27万2000立方メートルの容積がある。1日に運び込まれる量は10トントラック5〜6台分。年間約1万5000トンの埋め立てが必要なのに現在は約6000トン分しか残っていない。

 このため市は新たな処分場の整備を計画。2020年3月に完成するまでの3年半は民間処分場に委託するこ…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文755文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 汚染処理水発言撤回せよ 松井大阪市長に府漁連が抗議文

  5. 国民「自公政権入り」? 玉木氏とN国・立花氏の共演動画が波紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです