メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紫電改

格納庫は今も現役 姫路に移築、倉庫に

現在倉庫として活用されている川西航空機鶉野組立工場格納庫だった建物の一部。短い木材を組み合わせた「トラス構造」の梁で強度を保っている=兵庫県姫路市西中島で

 第二次世界大戦中、兵庫県加西郡(現・加西市)の川西航空機(現・新明和工業)鶉野(うずらの)組立工場は、戦闘機を数多く製作した。その格納庫の一棟は戦後71年経過した今も、姫路市内で現役の資材倉庫として活用されている。当時の最新鋭機「紫電」「紫電改」の格納庫だった内部は、飛行機を収容するため柱がない頑健な構造で、当時の名残を色濃く残している。所有する山口運送(本社・姫路市保城)の山口賢祐社長(52)は「偶然残った貴重な建物。大切に使いたい」と感慨深く語っている。【山縣章子】

 幅約24メートル、奥行約33メートルの倉庫は約11メートルの高い天井に覆われ、室内は広い空間が広が…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  2. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  3. ORICON NEWS 安室奈美恵さん、引退決断した理由語る 7年前に声帯壊し「限界なのかな」と不安も
  4. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです