メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国で商標トラブル

「IPHONE」アップルが敗訴

中国の商標をめぐる主なトラブル

 中国で、海外の有名な商品名や地名が第三者に勝手に商標登録されるトラブルが増えている。世界的に知られる企業が訴訟で敗れるケースも出ており、中国で経済活動をする上で大きな懸念材料となっている。【赤間清広】

 ビジネスバッグに財布、携帯電話ケース−−。いずれも「IPHONE」のロゴがデザインされた革製品だが、販売元はスマホの「iPhone(アイフォーン)」を手がける米アップルではない。中国・北京に本社を置く新通天地科技というメーカーだ。アップルは使用停止を求めて訴訟に踏み切ったが、北京市高級人民法院(高裁)はアップルの訴えを退け、新通天地にロゴの使用継続を認めた。

 日本などと同様、有名な商品名を第三者が勝手に商標登録する行為は中国でも禁じられている。ただ、「申請…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1325文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです