メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国で商標トラブル

「IPHONE」アップルが敗訴

中国の商標をめぐる主なトラブル

 中国で、海外の有名な商品名や地名が第三者に勝手に商標登録されるトラブルが増えている。世界的に知られる企業が訴訟で敗れるケースも出ており、中国で経済活動をする上で大きな懸念材料となっている。【赤間清広】

 ビジネスバッグに財布、携帯電話ケース−−。いずれも「IPHONE」のロゴがデザインされた革製品だが、販売元はスマホの「iPhone(アイフォーン)」を手がける米アップルではない。中国・北京に本社を置く新通天地科技というメーカーだ。アップルは使用停止を求めて訴訟に踏み切ったが、北京市高級人民法院(高裁)はアップルの訴えを退け、新通天地にロゴの使用継続を認めた。

 日本などと同様、有名な商品名を第三者が勝手に商標登録する行為は中国でも禁じられている。ただ、「申請…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1325文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 「消費税を上げられるのか」国民の玉木代表 首相は増税方針、重ねて示す
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです