メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳牛管理

首輪型センサー開発 北海道のIT企業

牛に付けられた首輪型センサー=ファームノート提供

 北海道帯広市のITベンチャー企業「ファームノート」が、インターネット上で乳牛の個体管理をする首輪型センサー「ファームノート・カラー」を開発し、販売を始めた。センサーで食事や睡眠など牛の行動データを収集し、データ転送装置を経由してネットに自動送信。独自システムでデータを解析し、牛の健康状態や発情期を把握する。

 効率的な生乳生産には、的確な種付けと妊娠が必要で、酪農農家は乳牛の発情期を把握することが重要な仕事の一つとなっている。同センサーは牛の状態をリアルタイムで把握し、利用者のパソコンやスマートフォンに発情期などの情報を提供する。

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 独で歩行者に車突っ込み乳児含む5人死亡 飲酒運転の容疑者逮捕

  2. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです