川内原発

行政訴訟、国側は争う姿勢 第1回口頭弁論

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)が、新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の設置変更許可は違法として、鹿児島、福島、福岡など10都県の住民33人が国を相手に許可取り消しを求める行政訴訟の第1回口頭弁論が10日、福岡地裁(倉沢守春裁判長)であった。国側は請求棄却を求め…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文353文字)

あわせて読みたい

注目の特集