五輪体操

男子個人総合 内村が逆転で44年ぶり2連覇

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 リオデジャネイロ五輪第6日の10日、体操の男子個人総合決勝で、前回ロンドン五輪金のエース・内村航平(コナミスポーツ)は92.365点で2連覇し、団体総合に続く今大会2個目の金メダルを獲得した。五輪連覇は1968年メキシコ、72年ミュンヘン両五輪の加藤沢男以来、44年ぶり史上4人目。

 内村は2位のオレグ・ベルニャエフ(ウク…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文375文字)

あわせて読みたい

注目の特集