メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

平和よ 2016夏・会いたい/3 原爆の図 見たことを伝える義務 丸木位里、俊夫妻

丸木位里さん(右)、丸木俊さん=1957年4月

画家・丸木位里、俊夫妻 位里(1995年死去、享年94) 俊(2000年死去、享年87)

 ふらふらと、魂がぬけたようにさまよう人の群れ。炎に身を焼かれ、もだえ苦しむ人たち。丸木位里、俊夫妻が描いた大作「原爆の図」(全15部、各縦1・8メートル、横7・2メートル)は、容赦ない強い力でこちらに迫ってくる。カメラを向けると、「やめてくれ!」という叫びが聞こえてくるかのようで、なかなかシャッターが切れない。

 この絵が展示されている埼玉県東松山市の「原爆の図丸木美術館」は、セミの音が鳴り響く木立の傍らにたたずむ。そばを流れる都幾(とき)川の水面は炎熱の太陽に反射しキラキラ光っている。この眺望は、位里さんのふるさと、広島市安佐北区安佐町を流れる太田川に似ているそうだ。

この記事は有料記事です。

残り2534文字(全文2866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです