メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

免許皆伝・忍者修行を体験

/1 水ぐもの術 難易度☆☆☆(最高レベル3) /三重

ドボン5回、意地勝負

 水面を滑るように歩くアメンボの姿を思い浮かべてほしい。映画などでなじみの「水蜘蛛(ぐも)」は、浮力のある履き物で水上を渡る忍術の一つ。江戸時代の書物によると、忍者は直径約60センチの円形木製道具を足の裏に付けて堀や川を渡ったという。

 修行体験の場では、直径約65センチの浮きを足場にして、約10メートル幅の川を渡りきる。普段は約80センチの深さ。すぐ脇で魚が泳ぐ清流なので着水しても安心。取材した日も、装束に着替えた子どもたちが水しぶきを上げながら騒いでいた。

 水蜘蛛は高難度の術なので、補助用具として対岸までロープが張られている。指導役の“忍者”シュウさんが…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文739文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです