メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

「天皇の終焉」の意味=西川恵

 <kin−gon>

 天皇陛下が生前退位の意向を示唆されたお言葉で、強く印象づけられたのが「天皇の終焉(しゅうえん)」という表現だ。「逝去」でも、「死亡」でもない。ここには一個人の死を超えた、天皇が体現してきたシステム、体制、時代がピリオドを打つという意味が込められているように感じる。

 その通りだと思うし、このことは実感として私にある。1989年は冷戦が終結した年として国際政治の世界では記憶されているが、日本にとっては昭和天皇の死(1月7日)で明け、「ベルリンの壁」の崩壊(11月9日)で暮れた一年、との印象が強い。

 昭和天皇の死と冷戦終結が同じ年に重なったのはもちろん偶然だ。しかしそれを超えたところで、後から振り…

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです