メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

先端技術で農地の天候把握

スマートフォンに届いたピンポイント天気予報を確認し、栽培に生かす農家=ハレックス提供

 天候に左右されやすい農業。ITや人工衛星、ドローンといった先端技術を活用し、気象情報や農作物の生育状況をきめ細かく把握する取り組みが増えている。

 「常に自然と向き合っている農家は、自分の畑の天気予報を欲しがっている」。各地の農家に1キロ四方のピンポイント天気予報を提供しているハレックス(東京)の越智正昭社長は話す。NTTグループの気象予報会社で、2013年から提供を始めた。

 気象庁の一般向け予報は、自治体ごとなど広いエリアが対象だ。だが、日本の農地は中山間地が4割を占め、…

この記事は有料記事です。

残り1274文字(全文1513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです