メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

「晃、もうすぐ家に帰れる」息子思う両親の執念

報道陣の取材に応じる(右から)父卓也さんと母忍さん=熊本県南阿蘇村で2016年8月11日午後6時9分、中里顕撮影

 4月16日の熊本地震の本震から117日。熊本地震で唯一行方不明となっている熊本県阿蘇市の熊本学園大4年、大和晃(ひかる)さん(22)とみられる遺体が捜索現場の車から11日に収容された。父卓也さん(58)らは地震で崩落した阿蘇大橋(同県南阿蘇村)の下流域を丹念に歩き続け、車を発見。息子を思う両親の執念が県などを動かして捜索再開につなげた。卓也さんは11日、「4月16日から時間が止まったままだった。やっとこれで時間が動き始めるのか」と語った。

 「晃、もうすぐ家に帰れるよ」。母忍さん(49)は11日午後5時半過ぎ、大和さんとみられる遺体を収容する県の防災ヘリコプターに向かって、大きな声で呼びかけた。9日から始まった捜索を両親らは近くからずっと見守った。

この記事は有料記事です。

残り682文字(全文1010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです