メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

キカタン女優の闇と光(上)「子供残して死ねない」

 トップクラスの人気を誇る「単体女優」ではないが、パッケージに名前もクレジットされない「企画女優」でもない。アダルトビデオ(AV)を見る人にとって、おそらく最もなじみ深い存在である“キカタン(企画単体)”女優。彼女たちはどのように生まれ、どんな日常を送っているのか。そこに、社会問題化している「強要被害」は存在するのか。取材で浮かび上がってきたのは、所属事務所(プロダクション)の選択次第でその運命が大きく左右されるという現実だ。一歩間違えば極めて劣悪な待遇や過酷な撮影を強いられることもあるが、正確な情報を得て冷静に立ち回り、大きなやりがいを得たケースもある。対照的な2人の元女優の人生から見えてくる、業界の闇と光とは−−。【AV問題取材班】

この記事は有料記事です。

残り3425文字(全文3747文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです