東京03

全国14カ所で単独ライブツアー 身近な「プチイライラ」笑いに 大阪公演は来月6〜8日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京03の(右から)飯塚悟志、角田晃広、豊本明長=山田夢留撮影
東京03の(右から)飯塚悟志、角田晃広、豊本明長=山田夢留撮影

 誰にでもある日々の「プチイライラ」を笑いに変えるコントで人気の東京03が、今年の単独ライブ全国ツアーをスタートさせた。タイトルは「明日の風に吹かれないで」。大阪公演は9月6〜8日、サンケイホールブリーゼ(大阪市北区)で開かれる。

 コントでは主に、飯塚悟志がツッコミ役、角田晃広=同中央、豊本明長がボケ役を演じる。今年はツアーに向けた新ネタ制作の期間中に、角田が足を骨折するというハプニングが発生。松葉づえ姿で打ち合わせに現れるものの、何もアイデアが出ない日々が続いたという。

 「角ちゃんはそれを言い訳にしないし、弱音を吐かない。けど、それって結果が伴ってこそ美談になるんであって、アイデア出ないなら、いっそ弱音吐いてくれた方が納得いくんだけど!ってイライラしました」と飯塚。身近な人や出来事をどんどんネタにする飯塚にとって、角田や豊本はネタの宝庫だそうで、「『弱音吐かない角ちゃん』、いずれネタにしたいですね」。一方、それを警戒してか、自らについてほとんど語らないという豊本…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文681文字)

あわせて読みたい

注目の特集