メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RIO2016

パラ車椅子バスケ・宮島選手「6位以上を狙う」 金沢市長に活躍誓う /石川

山野之義市長(左)に、リオでの活躍を誓う宮島徹也選手=金沢市役所で、竹田迅岐撮影

 車椅子バスケットボールの日本代表としてリオデジャネイロ・パラリンピックに出場する宮島徹也選手(27)=金沢市=が12日、金沢市の山野之義市長を表敬訪問し、リオでの活躍を誓った。

 宮島選手は富山県砺波市出身。14歳の時にバスケの練習中に負ったけがと手術が元で左足を切断した。そこで出合ったのが車椅子バスケ。めきめきと頭…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文398文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 熊本・球磨村の老人ホームで14人心肺停止 ほかに3人低体温症

  3. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  4. 「聞いたことのない音がした」 各地で土砂崩れ、感じた命の危険 九州南部で大雨

  5. 時の在りか コロナに弱い側用人政治=伊藤智永

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです