メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
企画展

戦時下の暮らしを知る 阪神間文学集め 芦屋 /兵庫

企画展「阪神間文学にみる大戦下の街と暮らし」で展示されているブスケ神父の肖像画=兵庫県芦屋市民センターで石川勝義撮影

 太平洋戦争中に阪神間に住んだ作家の文章から、戦時下の暮らしを読み取る企画展「阪神間文学にみる大戦下の街と暮らし」が、芦屋市業平町8の芦屋市民センターで開かれている。15日まで。

 展示では野坂昭如や遠藤周作、小松左京、須賀敦子などの作品を取り上げた。夙川カトリック教会(西宮市)や、戦時下でも営業を続けた喫茶店「ラ・パボーニ」(西宮市)などについては複数の作家が言及したり、通ったりし、関心を集めていたことがうかがえる。

 野坂は「ひとでなし」の中で、1943年にスパイ容疑で逮捕され死亡した夙川カトリック教会の創立者、シ…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文538文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです