メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リノベーション住宅

銘木・ナメラマツの古民家を再生 山口市中心部に完成 /山口

年月を経て褐色に輝くナメラマツの柱や土壁を残し改装したリビングを紹介する川端さん

 山口市中心部で昭和初期の古民家を改装したリノベーション住宅が完成した。幻の銘木といわれる同市徳地のアカマツ「ナメラマツ」を使った家に寄せる所有者の思いを引き継ぐ若い家族は「これから数十年間、愛せる家になった」と目を細める。

 古民家は東京都東久留米市在住の杉本博嗣さん(76)の祖父が1932、33年ごろに建てた。木造平屋約140平方メートルで和室6室。元は離れの建物で、近くの野田神社能楽堂の衣装などを管理、喜多流の仕舞を教えていた父が弟子の稽古(けいこ)場に使…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文580文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 「反社会的勢力を排除」吉本が異例の「決意表明」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです