メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2016

日航機墜落31年 御巣鷹がつなぐ絆 集う事故・災害遺族

御巣鷹の尾根を訪れ、「8・12連絡会」事務局長の美谷島邦子さん(左端)と交流する、東日本大震災で家族を亡くした丹野祐子さん(右端)=群馬県上野村で2016年8月12日午前9時57分、佐々木順一撮影

 1985年8月に日航ジャンボ機が群馬県の山中に墜落し、520人が犠牲になった事故は12日で発生から31年がたった。現場の「御巣鷹の尾根」には、各地で起きた他の事故や災害の遺族が慰霊登山に訪れるようになり、墜落事故の遺族との交流が進んでいる。一方、現場を保存・管理し、事故の風化をいかに防ぐかという課題にも直面している。【鈴木敦子、川口裕之、杉直樹】

 「事故から31年たち、御巣鷹は日本の安全文化の一つの道標、メルクマールになりつつある」。航空機事故に詳しい作家の柳田邦男さんは12日、群馬県上野村で営まれた慰霊式典に参列し、こう指摘した。御巣鷹の尾根には今、国内外で発生した事故や災害の犠牲者の遺族が慰霊登山に訪れている。

この記事は有料記事です。

残り2283文字(全文2595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 持続化給付金 なぜ再委託? 差額20億円の用途は? 説明渋る与党

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです