五輪テニス

錦織 日本勢で96年ぶりの準決勝進出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子シングルス準々決勝、タイブレークの末、ガエル・モンフィスを降し、拳を握りガッツポーズの錦織圭=リオデジャネイロの五輪テニスセンターで2016年8月12日、梅村直承撮影
男子シングルス準々決勝、タイブレークの末、ガエル・モンフィスを降し、拳を握りガッツポーズの錦織圭=リオデジャネイロの五輪テニスセンターで2016年8月12日、梅村直承撮影

 リオデジャネイロ五輪第8日の12日、テニスの男子シングルス準々決勝で第4シードの錦織圭(日清食品)は第6シードのモンフィス(フランス)に7−6、4−6、7−6で競り勝ち、初の準決勝進出を果たした。五輪シングルスでの日本勢の4強入りは、1920年アントワープ五輪で銀メダルを獲得した熊谷一弥以来、96…

この記事は有料記事です。

残り59文字(全文209文字)

あわせて読みたい

ニュース特集