五輪陸上

19歳ウォルシュ「雰囲気にのまれたかも」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子400メートル予選、4組6着で準決勝進出を逃したウォルシュ・ジュリアン=リオデジャネイロの五輪スタジアムで2016年8月12日、三浦博之撮影
男子400メートル予選、4組6着で準決勝進出を逃したウォルシュ・ジュリアン=リオデジャネイロの五輪スタジアムで2016年8月12日、三浦博之撮影

 陽気な19歳のウォルシュが、珍しく声を落とした。「会場の雰囲気にのまれたかも」。本来の切れ味あふれる走りが影をひそめた。1992年バルセロナ五輪で8位入賞を果たした高野進以来、24年ぶりとなる準決勝進出を狙ったが、4組6着で届かなかった。

 「超前半型」と称される序盤からの積極性が持ち味。この日も7レーンのスタートから飛ばしたが、日本のように差がつかない。カーブに差し掛かると、内側の選手に抜かれるのが見えた。直線で失速。「最後…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集