連載

AV問題

毎日新聞デジタルの「AV問題」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

AV問題

キカタン女優の闇と光(下)「もっと性をオープンに」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
田中さんは、現役当時を懐かしんだ(写真はイメージです)=iStock
田中さんは、現役当時を懐かしんだ(写真はイメージです)=iStock

 自ら志願してアダルトビデオ(AV)の女優となり、1年半にわたって活動した経験がある会社員の田中明美さん(仮名・30代)は、「プロの仕事に携わることができた」と当時を懐かしむ。意に反する仕事を強要されることもなく、業界にポジティブなイメージを抱いたまま引退することができたのは、「撮影内容を包み隠さず説明してくれる事務所を選んだから」と振り返り、怪しい事務所をかぎ分ける「嗅覚」の重要性を強調。一方で、周囲からの心ない中傷に悩んだ経験なども明かし、「もっと性に対してオープンな世の中になれば」と願いを込めた。【AV問題取材班】

この記事は有料記事です。

残り2186文字(全文2449文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集