メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AV問題

キカタン女優の闇と光(中)マネジャー依存の果て離婚

 「なぜそこまで信じたのか。なぜ言うことを聞いたのか。今思えば本当に不思議で」−−。結婚直後にスカウトされ、“キカタン”(企画単体)女優としてアダルトビデオ(AV)への出演を重ねてきた近藤聡美さん(仮名・20代)。毎日新聞の動画インタビューで、「マネジャーに『AVの仕事に支障が出るから』と指示され、夫と離婚した」と告白した。「生理をコントロールするため」とだまされ、ピルを服用後、避妊具なしの撮影を強いられたこともあったという。「事務所は私を道具としか思っていなかった」と語る近藤さん。「マネジャーの過干渉や恐怖による支配が依存心をはぐくみ、容易に抜けられない状況になっていった」と振り返った。【AV問題取材班】

この記事は有料記事です。

残り2775文字(全文3082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. ORICON NEWS 夏菜、一般男性と結婚「心から彼を尊敬」[コメント全文]

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  5. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです