メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「本気」の平和を映画に 電通・鈴木さんが撮影・監督 あす、渋谷で上映会 /東京

 大手広告代理店の広告クリエーターが戦争と平和を考えるイベントに魅了され、中東まで旅した記録を映画化した。15日に渋谷区の映画館「渋谷アップリンク」で最初の上映会が開かれる。【日下部聡】

 この映画は「BE FREE! 原爆の残り火をパレスチナへ」。電通でテレビCMの企画を手がける鈴木聡さん(45)が休暇を使って撮影・監督した。

 福岡県八女市にともされ続けている原爆の残り火を、京都市の浄土宗和田寺の住職、遠藤喨及(りょうきゅう)さんと仲間たちがランプに納めて欧州経由でイスラエルに持って行き、各地で人々と交流した40日間を追った。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文851文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  2. ベーシックインカムじわり脚光 日本でも導入求める声 米独など各国で実験

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 社告 町田樹さんコラム「今を生きる 今を書く」 10月5日連載スタート

  5. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです