メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『昭和の子』=三原浩良・著

 (弦書房・2160円)

 1937年生まれの著者は毎日新聞西部本社記者として長崎大水害、普賢岳噴火などを経験。退職後は名物出版社・葦書房などの社長として『逝きし世の面影』(渡辺京二)など数々の良書を出した。時代の断面のあれこれ、忘れがたいあの人この人を自身の経験をもとに生き生きと客観的に記述し、「自分史」を超えた「作品」に仕立てた。

 記者として遭遇した水俣病事件。記者としてよりも<個として>患者支援組織「告発する会」のメンバーとし…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  2. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 首脳ゴルフは「真剣な仕事、欠席お許しを」 T20会合で政府大使
  5. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです