メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

沼野充義・評 『ぼくは君たちを憎まないことにした』=アントワーヌ・レリス著

 (ポプラ社・1296円)

自分を愛する善行が自滅に導く

 昨年一一月一三日にパリで起こった同時多発テロ事件と言われても、このところ頻発する他の凄惨(せいさん)な事件と頭の中でまじりあってしまい、一瞬「どの事件?」と戸惑う人も多いのではないだろうか。私も情けないことに、その程度の記憶力しか持たない一人だが、本書を読んで、記憶がまざまざと甦(よみがえ)ってきた。この日の夜パリで何軒かの飲食店と劇場が次々に襲われ、一三〇人以上の死者が出た。実行犯はイスラム過激派だった。

 著者はパリに住む三〇代半ばのジャーナリスト。この晩、妻がたまたま劇場にいて事件に遭遇した。生後一七…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1464文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです