メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

川本三郎・評 『テレビは男子一生の仕事−ドキュメンタリスト牛山純一』=鈴木嘉一・著

 (平凡社・2376円)

テレビマンの志問う 草創期の熱気

 映画監督についての本は数多いが、テレビの作り手についての本は少ない。テレビは一過性と考えられているためか。そんななか、テレビに社会的テーマを持ったドキュメンタリー番組を確立させたプロデューサーの生涯を追った本書の出版の意義は大きい。

 牛山純一(一九三○−一九九七)はテレビ史上に残る番組「ノンフィクション劇場」「ベトナム海兵大隊戦記」「すばらしい世界旅行」を手がけたプロデューサー。

 日本の民放テレビ局の第一号として日本テレビが開局した一九五三年に同社に入社した「テレビの一期生」。…

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  3. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  4. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです