メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

71年目の戦争

模索する表現者/上 文学 日常の中に時代のきな臭さ

夜釣十六さん

 戦後70年の節目が過ぎた後も、戦争をテーマに創作活動をする人たちがいる。戦争体験者は減り、取材したり着想を得たりするのが難しくなる中、なぜ戦争にこだわるのか。どんな苦労ややりがいがあるのか。各分野で模索する表現者たちを追う。

 今春、戦争を題材として新人賞に輝いた2本の小説が文壇で話題となった。第32回太宰治賞の会社員、夜釣十六(よづりじゅうろく)さん(28)の「楽園」と、第121回文学界新人賞の公務員、砂川文次さん(26)の「市街戦」である。近年、特攻隊や戦艦大和の戦いの美しさや勇ましさを前面に出して消費するエンタメ小説や映画、ゲームが目立つ。その中で、両作は安易な共感を求めず、かつ深い味わいと余韻がある。

この記事は有料記事です。

残り1587文字(全文1895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  2. 大阪都構想反対の市民団体が発足 自民や立憲との連携も模索

  3. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示要求で出した文書に

  4. 「幻の橋」美しいアーチ見納め? 損傷進むタウシュベツ川橋梁 旧国鉄士幌線

  5. 滋賀のアイドル「フルーレット」が30日解散 コロナで延期の卒業ライブ中止 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです