メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東名あおり「危険運転」認める 懲役18年
安心のかたち

待機児童減「切り札」始動 企業内保育所、手探り

長女の美玖ちゃんと一緒に通勤する大槻絵美さん(中央)=東京都千代田区で、猪飼健史撮影

 待機児童の解消に向けて、政府は今年度、企業が従業員向けに開設する「事業所内保育施設」の大幅拡充策を打ち出した。「企業主導型保育事業」と銘打ち、今後2年間で保育定員5万人増を目指し、計835億円の予算を投じる。今月末には開設申請があった企業に補助金の支給決定が出される予定だ。自治体が運営する認可保育所の増設が追いつかない中、政府は企業の「貢献」に期待を寄せる。「子連れ通勤」は待機児童対策の切り札になるのだろうか。【黒田阿紗子】

この記事は有料記事です。

残り2369文字(全文2584文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです